製粉会社の採用職種の分類

製粉会社転職TOP >> 製粉会社の転職の基礎 >> 製粉会社の採用職種の分類

製粉会社の採用職種の分類

製粉会社とは、小麦を粉砕して二次加工をしやすい粉末にする会社のことです。ほかの材料とブレンドしてホットケーキ用やてんぷら用、お好み焼き用のミックス粉なども作っています。製粉するのは小麦がメインですが、小麦以外にも米やトウモロコシ・大麦・そば・大豆などの製粉もしている会社もあります。最近では、小麦の成分を研究して化粧品などの素材開発をしている製粉会社も出てきました。製粉会社の中にはいくつか職種があり、異なるアプローチで会社を支えています。

製粉会社の職種は技術系と事務系に大別されます。技術系の職種には研究開発・商品開発・生産技術・設備などがあります。製粉会社の技術系の職種では、工学部・理学部・農学部・医学部など理科系の学部の卒業生や高専出身者が多く働いています。研究開発は、小麦の成分を研究して新しい商品を作れそうな性質を探す仕事です。製粉会社で扱っている小麦以外の粉についても研究します。商品開発では、研究開発で目途がついた素材を使って新しい商品、売れる商品を開発します。一般に広く知られている素材を組み合わせて、世間をあっと言わせるヒット商品を考え出すのも商品開発の仕事です。生産技術では商品を安定的に大量生産するための技術を考え出します。設備は工場ラインの保守メンテナンスなどを担当します。製粉会社では高度な専門知識よりも、おいしい食べ物に関心があることのほうが仕事への貢献度は高いようです。

製粉会社の事務系の職種には、企画・営業・広告・経理・事務などがあり、理系文系を問わず大学や大学院の課程を修了した人が採用されています。セールスエンジニアと言って技術的なことをよく知っている人が商品の説明に行くこともありますが、製粉会社で扱う商品は食べ物や身近なものがメインなので技術的なことについてはあまりよく知らなくても営業職は務まります。日本の食に対する安全意識は世界でも一目置かれており、世界の至る所で多少値段が高くても日本企業の作った小麦粉を食べたいという需要があり、ローカルな中小企業でさえ海外に目を向け、グローバルな営業を始めています。英語や中国語などの外国語をマスターしていると製粉会社の営業で内定がもらえる可能性は高まることでしょう。製粉会社では、ここ数年の間に大手製粉会社の国内シェア独占が進んでおり、中小企業は生き残りをかけて新しい商品の開発にしのぎを削っています。好奇心旺盛で、流行に敏感で、柔軟な思考を持っている若手の企画力に期待している中小企業は多いです。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.