製粉会社の転職で多い悩み

製粉会社転職TOP >> 製粉会社の転職の基礎 >> 製粉会社の転職で多い悩み

製粉会社の転職で多い悩み

転職の悩みは、会社によって異なります。製粉会社の場合、製粉事業を主に行っている会社と、食品事業やさまざまな事業を展開している会社では転職の悩みも違ってきます。近年は製粉事業を主に行っている会社はまず大手ではほとんどないため、後者が主になります。

それを踏まえた上での転職で多い悩みとは、製粉事業を主に行っている会社は、大手と比較し年収が高くないということです。大手との平均年収の差は約200万円。業界トップになると800万円台の年収を受け取っている方もいますので、そうなるとますます年収の差を感じるでしょう。地域密着型の製粉会社はほとんどが製粉事業メインで行っていますが、年収は400〜500万円程度。決して低いわけではありませんが、高いともいえません。また、製粉会社は営業も多く、1日中あちこち動き回ることになります。さらに企画や開発などにも携わるため、忙しく休む暇がありません。もちろん会社によって対応は異なりますが、何より一番多い悩みは『年収の差』といえるでしょう。

では、大手の会社はどうでしょうか?日清製粉や日本製粉などが日本でもっとも有名な製粉会社ですが、製粉事業以外に食品事業を行っているのが特徴です。どちらもグローバル化を図っており、日本国外への対応も欠かせません。事務系・化学系などいくつかの部門がありますが、やはり営業は必要不可欠。午前中に商談資料を製作したら、昼から営業に出ます。大手の会社ともなると得意先が多いので、担当する場所が増えます。営業と商談が終わると、商談で出た宿題をこなし資料の作成や報告書の作成などに追われることになります。”とにかく忙しい”というのが、大手の製粉会社の悩みといえます。

転職する際は、これらの悩みもしっかり理解する必要があり、そのうえで自分にあった会社を探さなければいけません。大手になると地方の製粉会社とは違い年収は700〜800万円と高くなりますが、そのぶん業務内容が大変になりますので、その覚悟も必要になるでしょう。

また製粉会社の場合、先にも述べたように営業が多いことから、女性より男性のほうが有利になります。実際、製粉会社での営業は体育会系という方もいますから、女性ですと体力が続かないかもしれません。とはいえ、技術開発や企画の提案など、女性が活躍できる場もたくさんあります。まずは働いてみたい会社の情報を集め、自身の条件と照らし合わせてみましょう。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.