製粉会社の業務内容

製粉会社転職TOP >> 製粉会社の転職の基礎 >> 製粉会社の業務内容

製粉会社の業務内容

製粉会社といってもさまざまで、製粉のみを行っているメーカーもあれば、食品やその他の事業も行っているメーカーもあります。製粉会社は日清製粉グループ本社や日本製粉などが業界ではトップですが、この2社だけでも業務内容は異なります。

製粉事業は、主に小麦粉やふすまなどの業務を行います。幅広い製品の営業を行いますが、”ただモノを提案し売るだけではない”のが製粉事業です。販売先である各メーカーや街のベーカリー、ラーメン屋などを駆け回り、いかに商品が売れるかを徹底して施策します。そのため、営業の際のお客さまとのコミュニケーションも重要になってくるでしょう。

もちろん、営業だけが製粉事業の仕事ではありません。化学系や工学系など、担当することもあります。営業はいわゆる事務系の仕事になり、原材料の調達業務も重要な業務のひとつ。そのため、企画や経理、財務、人事、広報といったさまざまな業務を行うことになります。化学系では、技術開発・研究開発・品質管理などの業務を主に行います。技術開発では、製品開発にあたり細かい研究が行われ、研究開発では各メーカーの製粉の研究や開発を行うことになります。そして品質管理は、長きに渡り安心して製品を提供できるように品質保証の業務を担当します。他にも、化学系では生産管理も必要な業務のひとつになります。工学系は、エンジニアリング業務や技術開発、設計などを主に担当します。エンジニアリングでは、小麦粉の製造設備を管理することになります。

このように、製粉事業でもいくつかの業務に分けられることが分かります。それにプラスし、食品事業も行っているところであればプレミックス類(ドーナツ用・ケーキ用など)やコーン製品、米粉、パスタソースや乾麺などに携わることになります。製粉会社として業界で高いシェアを誇っている『昭和産業』では、製粉事業以外に実に多くの事業を展開しています。日清製粉グループ本社では、ヘルスケア事業やペットケア事業などにも取り組んでおり、業務内容は各メーカーによって異なるでしょう。

また残業や休日なども、各メーカーによって違ってきます。ですので、製粉会社に就職・転職する場合、業務内容だけでなく残業の有無やきちんと休日・休暇は取れるか、さらに1日の労働時間などを把握しておくと安心です。各メーカーの企業情報などを参考に、安定して働けるか、キャリアアップは可能か、採用動向や転職の際のポイントなどさまざまな視点からチェックし、自分に合った場所を選びましょう。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.