工場勤務の製粉会社求人

製粉会社転職TOP >> 条件別の製粉会社求人 >> 工場勤務

工場勤務の製粉会社求人

日本の製粉業界が原料としている輸入小麦は、実は政府がアメリカなどからまとめて買い付けているものです。アメリカからの国家規模による買い付けは、戦後アメリカの統治を受けていた頃に始まりました。その頃からずっと政府がまとめて外国から買って製粉工場に売っていたので、原料となる小麦の価格は1年を通して安定していたのですが、2007年に国際取引相場や国内製品の取引相場に合わせて政府から製粉工場に売り渡す小麦の価格が変動することになり、製粉の原料となる輸入小麦の値段が高騰し始めました。製粉会社は大手企業も中小企業も生き残りをかけて必死に努力しており、小麦粉を使ったオンリーワン商品の開発、地元農家と契約してのオリジナルブランド開発、小麦の特性を生かした全く新しい商品の開発などにしのぎを削っています。

そのため、製粉業界では次々と新しい製品が開発され、商品化されています。生産技術の分野でもただ単に小麦を削って粉にするという仕事ではなく、米やソバなどの製粉業務や、パンなどがよりおいしくしっとり焼き上げられる高度なブレンドへの調整が求められることでしょう。小麦粉作りとは全くイメージの異なる、化粧品の製造を手掛けるようになった製粉会社もあります。今後ますます変化を重ねていくであろう製粉業界の生産現場で技術者としてやっていくには、柔軟な思考や即応力が求められると言えそうです。さらに時代に合わせてフレキシブルに対応するには学生時代に基礎をしっかり学んでおくこと、過去に学んだことで満足するのではなく常に新しいことを学び続ける態度も重要です。

製粉業界だけでなく生産技術の現場すべてに言えることですが、工場勤務の技術者は工場で2交替や3交代で実際に作業する人と関わることが多いです。研究開発では誰ともしゃべらず一人で何時間でも没頭できる学者タイプも重宝されますが、生産技術では気さくで話し好き、誰からも好感をもたれ、コミュニケーション能力の高い人を採用する傾向があります。また工場で生産したものは会社の利益に直結しますから、生産現場の技術者には研究開発と違って、生産コストやスピード、品質などすべてに気を配り効率を上げる発想も求められます。生産技術はいろいろ考えることが多く大変な職種ですが、やりがいも大きいです。事実、メーカーの社長に抜擢される人は、研究や開発で働いてきた人よりも生産技術で働いてきた人のほうが多いと言われています。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.