本社勤務の製粉会社求人

製粉会社転職TOP >> 条件別の製粉会社求人 >> 本社勤務

本社勤務の製粉会社求人

製粉業界では、日清製粉・日本製粉・昭和産業・日東富士製粉のトップ4社が国内で消費される小麦粉の80%近くを供給しています。大手企業ともなると国内各地に工場や営業所を持っており、本社採用になったとしても新人研修を受けた後、どこに配属されるかはわかりません。本社採用と工場採用や支店採用との違いは、工場採用や支店採用は転勤がありませんが、本社採用になるとグループ内のどこへでも転勤になる可能性があるということです。高校や短大を卒業しての就職では工場採用や支店採用となることもありますが、大学の卒業生や大学院の課程を修了した人は本社採用になるのが一般的です。必然的に本社採用のほうが給与もボーナスも高いです。

大手企業の日清製粉などでは1度に50〜100人の新卒採用をしており、国内外にいくつも工場や事業所を持っているのですから、新卒で採用されても最初から本社勤務になれるのはほんの一握りでしょう。最初から本社で勤務できるのはある決まった大学の卒業生であったり、管理職にコネクションがある人だけという話もあります。大企業では、新卒で採用した人に地方の工場や営業所で現場と向き合った最前線の仕事をしてもらい、顕著な実績を出した人を本社に呼び戻すというパターンが多いのも事実です。地方勤務になってもがっかりするのではなく、いつの日か本社で存分に実力を発揮する日を夢見て地道にしっかりがんばりましょう。

本社採用で本社勤務を希望するのであれば、全国展開の製粉トップ企業ではなく、地元に強い販路を持つ中小企業が狙い目です。工場を1つしか持たない中小企業であっても魅力的な研究開発をしている製粉会社はたくさんあります。例えば、千葉県千葉市の同じ敷地に本社も工場もある千葉製粉では、小麦の特性を最大限に生かした香り高い麺やモチモチ麺、小麦の成分で作った化粧品素材などユニークな研究をしています。大阪府貝塚市に本社と工場を構える奥本製粉も2000年に湯種製パン法で特許を取るなど、特色のある研究開発をしているメーカーです。いずれの2社も支店や営業所を1店舗ずつ持っていますが、会社自体の規模が小さいので本社勤務になる可能性は大きいです。北海道の江別製粉のように、従業員数60名ほどのこじんまりした企業でも、地元農家と地元ラーメン屋などどタイアップして地元オリジナルブランドの小麦粉を生産販売し、大ブレイクさせている所もあります。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.