管理職採用の製粉会社求人

製粉会社転職TOP >> 条件別の製粉会社求人 >> 管理職採用

管理職採用の製粉会社求人

製粉業界は今激動の時代を迎えています。2007年4月から農林水産省は小麦の売り渡し価格を固定制から相場変動制に変えると発表、小麦粉の原料の値段の高騰が始まったのです。消費者の食への安全要請から日本国内で品質の良い小麦を育てるプロジェクトが次々に立ち上がり、輸入小麦がメインであった製粉業界で国産小麦を使った製粉事業が見直され、地域や生産農家を巻き込んで製粉会社のあり方が変わりつつあるのです。さらに、安全を意識した日本の食文化は世界の注目を集めるようになり、日本の製粉会社は次々に国外に営業拠点や工場を開設し、大企業だけでなく中小規模の企業もグローバル展開を加速しています。製粉会社の管理職で働いていこうと思う人は、こうした変化へ柔軟に即座に対応することが求められます。

日本では、課長以上の役職に就くと管理職と呼ばれ、給与に管理職とは手当てがプラスされボーナスの支給額も上がるのですが、残業代は付かなくなるというシステムにしている会社が多いです。課長になる前に残業代で稼いでいた人にとって、管理職である課長に昇進するとトータルの給与が下がることもあると言います。

製粉会社の管理職は、この激動の時代にチームを率いて次々に現れる課題をクリアし、チームのモチベーションを維持して会社の業績を上げることに貢献しなくてはなりません。管理職に向いている資質とは(1)チーム内を和ませ外部との連携をもスムーズにするコミュニケーション力(2)信念をもって行動し、周りの意見や状況の変化によって簡単にぶれたりしない意志力(3)チームをやる気にさせる明確なビジョン(4)目標を達成するだけの行動力と決断力です。我こそはと思う人は、管理職採用にチャレンジしてみましょう。

管理職採用に応募する時に気を付けていただきたいのは、管理職採用と管理職候補採用では就職した後の仕事内容や待遇が異なることです。管理職採用は課長以上の役職で転職することを指しますが、管理職候補採用の場合は普通の社員として採用されます。例えば、ほかの会社で課長だった人が製粉業界に魅力を感じて製粉業界に飛び込んできたとします。管理職候補生採用という甘い言葉に惑わされて安易に転職してしまうといつまでも課長に昇進できず、転職する前よりも給料が減ってしまうこともありますから注意してください。逆に、募集要項に管理職候補採用と書かれていなかったとしても、まじめに働いて業績を認めてもらえれば管理職になれるチャンスはあります。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.