営業職採用の製粉会社求人

製粉会社転職TOP >> 条件別の製粉会社求人 >> 営業職採用

営業職採用の製粉会社求人

日本の製粉会社は大手製粉会社が国内シェアの約8割を占めています。具体的には日清製粉が全体の約4割、日本製粉が約2割、3位と4位の昭和産業と日東富士製粉が約1割ずつといった具合です。日本の製粉会社は約80社ありますが、大手4社が業績を伸ばしている一方で、ここ20年ほどの間に40社が廃業に追い込まれたという現状があります。戦後アメリカ占領下での政策により小麦の大量買い付けを続けてきた日本が、国内での小麦生産を積極的に支援するようになったため、国産小麦の値段が下がり輸入品と同程度の価格で商品化できるようになったことも、製粉業界の戦略に大きな影響を与えています。

製粉業界では、中小企業は生き残りをかけた懸命な努力をしており、顧客のニーズの収集、地域の農家やパン・ラーメン・お好み焼き・餃子などの粉物を扱う小売店と手を携えて地域の特色を生かした独自ブランドを立ち上げるなど、営業職に託したい業務をたくさん抱えています。こうした中小企業が新卒採用者に求めるのは、アクティブに顧客のニーズを引き出し、テレビやインターネットで話題になっている食の話題に敏感で、クリエィティブで柔軟な思考から会社に新しい商品開発のインスピレーションを与えてくれる人だと言えそうです。

日本の農産物の安全性やおいしさ、品質の良さは世界でも知られるようになってきており、中小企業からでも地域の特性を生かした独自ブランドで海外への販路拡大を目指している会社があります。特にお隣の中国などでは、富裕層のみならず一般市民もメイドインジャパン食材の安全性とコストパフォーマンスの合理性を認めており、ジャパンブランドの製粉需要は国外で確実に伸びています。発展途上国への留学や個人旅行の経験があって日本とは異なる文化の人と気兼ねなくコミュニケーションを取って地元のニーズを吸い上げられる人、英語や中国語でのコミュニケーションを得意とする人が営業で活躍すれば、就職した企業をローカル企業からグローバル企業へと大きく羽ばたかせる事が出来るかもしれません。

世界に向けたグローバル展開や地域との連携は中小企業だけの戦略ではありません。トップシェアを誇る日清製粉などは既にアメリカ・ニュージーランド・タイなどに生産拠点を持っており、インドや中国の巨大マーケットに着々と販路を広げています。英語や中国語でコミュニケーションを取れる人材は大企業でも必要とされています。今後、さらに多方面に発展していくであろう製粉業界で営業職として活躍するには、語学力、そして顧客のニーズを吸い上げるニッチな視点とグローバルな視点を併せ持つことがカギとなることでしょう。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.