日東富士製粉の採用情報

製粉会社転職TOP >> 製粉会社の採用情報 >> 日東富士製粉

日東富士製粉の採用情報

日東富士製粉は、製粉事業をはじめ、食品類の製造や販売、倉庫業、機械設備の設計施行などさまざまな分野の事業を行っています。そのため、製粉以外でも学ぶことは多く、スキルアップにも繋がるでしょう。そんな日東富士製粉では、社員ひとりひとりが主役となり、”食への可能性”を磨くことができます。小麦粉の製造に興味があれば、たとえ製粉に携わったことがない方でもしっかり知識を身につけ将来的に見ても安心して働くことができるでしょう。実際、日東富士製粉で働いている社員の方は、農学部・水産学科や園芸学研究科など製粉とは無関係の学校を卒業している方がほとんどです。

採用後は、各部署に配属されます。事務系・技術系(研究開発)・技術系(生産管理・機械設備など)があり、事務系では営業や商品の開発などに携わります。技術系(研究開発)では、ミックスチームや新素材開発チームに分かれ、新商品の開発に携わることになります。自分の提案した商品が採用されることもありますので、非常にやりがいを感じることができるでしょう。そして技術系(生産管理・機械設備など)では、製粉や施設の担当を行います。

気になる初任給ですが、大学院卒・大卒で異なります。大卒も、総合職と技能職・業務職では初任給に差が出ますが、年1回(4月)の昇給と年2回(6月・12月)の賞与があるので将来性があります。経験や能力に応じて年収もアップするので、30代・40代になると20代の頃よりもしっかり稼ぐことができるでしょう。また、日東富士製粉は諸手当も充実。安定して働くには、手当がきちんとしているところが安心です。家族手当や通勤費全額支給などがありますので、事前に確認しておくと入社後も安心でしょう。他にも、土日祝、年末年始、有給休暇(10〜20日)も充実しています。そのうえ福利厚生もしっかりしていますから、安心して働くことができるでしょう。

エントリーは、リクナビから可能。採用人数は毎年異なりますので、リクナビの採用情報ページにて確認してください。求める人材と選考基準は、筆記試験:一般常識、小論文・面接試験:個人面接、役員面接。面接に重点を置いていますので、志望動機は分かりやすく伝わりやすい内容を考えておきましょう。

また、東京にて会社の説明会も実施しています。期間が決まっており、リクナビから応募ができますのでチェックしてみてください。参加する際、筆記用具を忘れないようにしましょう。

製粉会社の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
DODAエージェントサービス 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017-2018 製粉会社向け転職エージェントランキング All Rights Reserved.